特定外来生物「セアカゴケグモ」にご注意ください

2019年7月8日

spider.jpg

 

養老町養老公園内で「セアカゴケグモ」が確認されました。
すでに駆除対策されましたが、まだ潜んでいる可能性がありますので、ご注意ください。

 

spider2.jpg


1.「セアカゴケグモ」とは
・外国から入ってきた特定外来生物です。
・成体のメスは約7~10mmで全体的に黒色(老熟すると黒褐色)をしています。
背中には、中央に赤色の縦すじ模様があります。腹部の裏面には四角あるいは砂時計型の赤色の視様があります。
・成体のオスは約4~5mmの大きさで、腹部が細かぐ茶褐色をしています。卵のうは直径10~14mmの乳白色の球形をしています。
・セアカゴケグモは強い毒をもっています(毒を持っているのはメスのみ)。攻撃性はなくおとなしいクモと言われていますが、さわるとかまれることがありますので、素手で捕まえたりしないようにしましょう。


2.防除方法
他の害虫による被害を防ぐためにも、次の点に注意しましょう。
・生息しそうな場所に、普段から注意して、こまめに掃除、クモが巣を作りにくいようにしましょう。
・清掃、花壇の手入れなど屋外での作業の時は、必ず軍手などを着用しましょう。
※セアカゴケグモを見つけたら.市販の家庭用殺虫剤を噴霧すれば駆除できます。
卵のうは、靴で踏みつぶしましょう。
もしもかまれた場合には、至急、お近くの医療機関を受診してください。

 

 

 

関連ワード